神社で行われる神前式

自宅結婚式から、次第に神前結婚式へ

神社結婚式の衣装で使う白無垢に角隠しも、日本古来からのもので、現在も同じしきたりで昔ながらの結婚の儀式が行われるのが神社の結婚式です。
最近では、神前結婚式を結婚式場でも行われるようになっていて、大分若いカップルにも浸透してきています。そこで、神社で行われる結婚式は、なんとも神聖なもので、巫女さんが案内人として、色々と結婚式の進行係として新郎新婦を導いてくれます。最近の神社結婚式の行事のような形式になってきたのが、明治時代と言われています。意外にも新しいもので、もっと古来の結婚式は今とはちょっと違った結婚の儀式を行っていたようです。

今の神社の結婚式の元となるものは、明治33年に皇太子のご結婚が、神前で行われたことから始まっていると言われています。それまでは逆に、自宅での結婚式が主流でした。
そもそも日本の結婚式は、自宅で行うか、神社で行うかの2種類しかありませんでした。皇太子の神前結婚式が行われてから、神前で行うという結婚式に変わってきたと言われています。チャペルでの結婚式は、誰もが知っているように、キリスト教による結婚式で、日本でも現在取り入れられています。その後チャペルの結婚式が一台ブームとなり、それから、神前式とチャペルの結婚式が主流になり、自宅での結婚式はほとんど行われなくなりました。

神前結婚式となった場合は、どのような作法を行ったらいいのかが分からないと思って、しない人も多いかと思いますが、実は進行役として、巫女さんが手伝ってくれますので、参列しているゲストが気にかける必要はなく、巫女さんの進行に従っていくだけで、結婚式を終えることができるようになっています。

結婚式を神社で行いたいという新郎新婦が最近増えてきている理由として、花嫁が白無垢を着て式を挙げたいという思いに応えるように、衣装など手軽にレンタルができ、式をプロデュースする業者が多くなったことが言えます。大勢の女性たちの要求がこのように、神社での結婚式が増えてきている要因でもあります。
神社での結婚式に呼ばれた場合に、着ていく服は洋服なのか着物なのか、どうしたらいいのかがわからないと迷う人も大勢いるかと思います。とりあえず、着物を持っている人はできるだけ着物を着てから結婚式に参列しているようですが、洋服でも何の問題もないようです。
親族の方で、両家の母は留袖など和装を着て参列することが多く、姉妹など未婚女性の場合は、振袖を着るか訪問着を着て結婚式に参列するのが正式な結婚式のようです。