結婚式の前撮り

前撮りスケジュールは、柔軟に対応できる業者に!

結婚式を挙げる前に別途写真を撮りたいと思って、写真館やスタジオ、もしくはロケーションなどで事前に写真を撮ることを「前撮り」と言いますが、実際にこの前撮りと言うのが流行りだしたのは最近で、昔は前撮りなどはありませんでした。
結婚式の前撮りだけではなく、成人式の前撮りを行う女性も増えてきています。成人式の前撮りの場合は、着物を着てからの撮影が殆どで、そこまで時間の制約がないので、問題なく撮ることができますし、じっくりとどこかで撮影をしてもらうかなども選ぶことができます。

前撮りが流行りだしたのは、結婚式の花嫁が、事前に写真だけを撮りたいということから始まったものです。花嫁は一生に一度の結婚式を控えていまして、結婚式を優先的に行いますので、前撮り自体は、時間的な余裕があまりありません。結婚を決めたあとに前撮りは行いますので、結婚式の日取りも決まって、いろいろと準備を始めている時期に前撮り撮影を行うことになります。

そこで式の準備をしながら、前撮りのスケジュール調整をしていかなければなりません。
スケジュール調整をするには、まずは結婚式ありきで始めますので、結婚式の準備で空いた時に前撮りの準備と撮影をしなければいけません。そんななかで、前撮りを行なってくれる業者選びは、日程的な自由がある程度聞くような業者を選んだ方がいいと思います。前撮りの時に着るウェディングドレスをレンタルしますので、レンタルした場合でも自由に日程を変更できるようなところから借りられれば一番良いですが、なかなかこちらの希望に沿った日程の変更ができないところが多いので、その場合は、撮影場所を屋内にするという方法もあります。

屋内であれば、天候による撮影日を変更する事がないため、決めた撮影スケジュールを変更することもないと思います。屋外で撮影をする場合は、天候によっては撮影日を変更しなければいけなくなりますので、その場合のスケジュール変更は、ある程度融通が効くところでなければいけません。スケジュール変更ができるレンタルショップとなるとほとんどないと思っていて間違いがありません。その場合は、撮影する業者の方で契約をしているレンタルショップや、業者自体がウェデイングドレスを持っているところと撮影の契約をしてから、スケジュールの変更に柔軟に対応できるところにお願いすることになると思います。
そうすることで、ウェディングドレスは完全に確保できますし、スケジュール調整をする事ができないということもありません。和装で前撮りをする場合は、和装を持っているところが良いと思います。京都で和装を持っていてロケーション前撮りをしてくれる業者を探すと良いと思います。